バストアップ

美容整形・エステ・ジム

バストアップを望むすべての女性に!脂肪注入法の豊胸手術専門の池田ゆう子クリニックを紹介

バストアップを望む女性は、想像以上に多いようです。残念ながら、マッサージ、サプリ、クリームetc…どれも効果はありません。解決できるのは豊胸手術だけです。自分の脂肪を使うので安心な脂肪注入法豊胸手術専門の池田ゆう子クリニックをご紹介します。

バストアップを望むすべての女性に!

この記事のタイトルを見て、ご覧になって頂いたあなたは、もしかして貧乳に悩んでいるのではないでしょうか? yahoo知恵袋に、貧乳の悩みがたくさん掲載されていましたので、その中から抜粋して引用してみます。

以前から貧乳が悩みで、中学生から周りと比べては落ち込んでいました。 きのう彼に「なんでこんな胸がないのかな〜」と冗談交じりに言ったら「運が悪かったね」と言われました。 その時は 何も思わなかったのですが、後から考えると彼氏からすれば「貧乳=運が悪い」ってことになるのかと落ち込んでいます…そうか私はハズレのクジなのか… それで今は悲しくて涙が止まりません。
貧乳すぎて死にたいです。AAAとAの間です。中学の頃から悩み続け現在は20歳になりました。元から痩せ型で食べても脂肪がつきません。167cmの41kgです。 彼氏には小さい方が可愛くて好きと言われますが、そうじゃないんです。純粋に普通の女の子として胸が欲しいんです。胸元の開いたセクシーな服を来たり、水着で海に行ったり…。そんな些細なことが私の夢なんです。 育乳に成功した方や、太る方法など何でも構いません。私に力を貸してほしいです、お願いします…。
貧乳すぎることが悩みです。 貧乳すぎる自分が嫌いです。 胸が育つと言われている食べ物は今まで食べたり飲んだりしてきましたが、腰回りや顔など胸ではない部分が太っただけでした。マッサージも多少しましたが、痩せ型なので、そもそも寄せる脂肪がありません。 一回、ボンっと太った方がよいのでしょうか。 どうすれば大きくなりますか。 実際に効果があったサプリメントなどがあったら教えてください。

3つ目の悩みに対して、ベストアンサーが掲載されていました。ちなみに、マッサージ師の方が回答したものです。

女性のバストは初経の前後約4年間(前1年・後3年)で成長変化するとされます。残念ですが、それを過ぎると自然に大きくなることは期待できません。マッサージ、サプリ、クリームetc…どれも効果はありません。あとできることといえば豊胸手術を受けることくらいです。

残念ながら、この回答は正しいです。豊胸手術は怖いとか、抵抗を持っている女性も多いと思います。しかし、何も知らないまま頭から拒否するのではなく、正確な知識を持ってから判断すべきと考えます。

バストアップを望むすべての女性に、ここから先の説明をぜひご覧になっていただきたいと思います。

豊胸手術についての基礎知識

豊胸手術には、3つの種類があります。バッグ法(人口乳腺法)、脂肪注入法、ヒアルロン酸注入法の3つです。

バッグ法とは?

バッグ法は人口乳腺法とも呼ばれます。簡単に言うと、胸にシリコンバッグを挿入する方法です。シリコンバッグの種類としては、シリコンジェルを使用するタイプと、生理食塩水を使用するタイプの2種類が挙げられます。

ただし、生理食塩水バッグは感触の不自然さがあり、手触りが硬くなるというデメリットがあるので、ほとんど使われることはありません。一方、シリコンジェルでできたバッグであれば、患者の胸の構造や形状に合わせた自然な豊胸が可能であるため、一般的にはシリコンジェルが使われます。

バッグ法には、腋窩(えきか)切開、乳輪切開、乳房下切開の3つのアプローチ方法があります。名前の通り、それぞれの箇所からメスを入れることを表しています。

腋窩切開には、乳房の下など、バストに傷が残らないというメリットがあり、術後の傷跡も脇のシワに隠れてしまうので目立ちにくいことから、腋窩からのアプローチが最も多く行われています。

バッグ法のメリット

バッグ法のメリットは、2サイズ以上大きくすることができることです。とにかくサイズにこだわりたい人に適しています。それから、シリコンバッグを挿入するために、効果が長続きすることが期待できます。

バッグ法のデメリット

バッグ法のデメリットとしては、下記のことが生じる場合があることです。

  • 拒絶反応が起こる可能性がある
  • 術後、1週間は相当な激痛がある
  • 胸の形が崩れる
  • 胸が不感症になる
  • バストがペコペコとした感触になる
  • 病院で検査をする場合にバッグ挿入が、知られてしまう
  • マンモグラフィーを受診することができない

脂肪注入法とは?

脂肪注入法は、太ももや、腹部などから脂肪を採取して、胸に注入する方法です。具体的には、採取する箇所の皮膚を5mm程度切開し、そこから先を丸めた金属製の管(カニューレ)を差し込んで、脂肪を吸引します。

吸引した脂肪から麻酔などの不純物を取り除いた後、胸に脂肪を少量ずつ注入していきます。脂肪を細い注射器に分けて、先が丸くなった特別な針を用いて注入するなど、いくつかの注入方法があります。

脂肪注入法のメリット

自分の脂肪を使うために、脂肪注入によって大きくなった乳房は非常に柔らかく、とても自然です。そして、一度安定すると、シリコンバッグのようなメンテナンスも不要で、安心して生活できます。

脂肪注入法のデメリット

デメリットは、注入した脂肪の定着率に個人差がある、ということです。 注入した脂肪の30%~90%が定着、平均でも50%程度がバストの脂肪として定着し、残りは死滅、吸収されると言われています。ですので定着率を考えると、最初から過分に注入する必要があります。

ヒアルロン酸注入法とは?

ヒアルロン酸注入法は、専用のヒアルロン酸をバストに注入して、大きくする豊胸法です。 施術時間は15〜30分程度と短時間で簡単にできるというメリットがあります。

しかし、1~2カ月しか効果を持続できない場合がある、胸の感触が硬くなることもがある、治療費がほかのバストアップ法と比べて高価というデメリットがあるので、あまりおすすめはしていません。

脂肪注入法の豊胸手術専門の池田ゆう子クリニックを紹介

貧乳で悩んでいる女性の皆様に、池田ゆう子クリニックをご紹介したいと思います。その理由についてご説明します。

池田優子院長のプロフィール

池田ゆう子クリニックの池田優子院長のプロフィールは下記の通りです。

昭和56年3月:日本大学芸術学部卒業、平成元年4月:杏林大学医学部入学、平成7年3月:杏林大学医学部卒業、平成7年5月:形成外科医局 入局。平成9年5月:大手美容外科にて研鑽、平成14年3月:池田ゆう子クリニック 開院

脂肪注入法の豊胸手術専門のクリニックです

豊胸手術の3つの方法の中で、自分の脂肪を使うために、脂肪注入によって大きくなった乳房は非常に柔らかく、とても自然で、メンテナンスも不要な脂肪注入法がいちばん優れていると思います。

池田優子院長は、独立前に他院で勤務医をしていた時にはバッグ豊胸も施術していました。その時の経験から、日本人女性の細身の骨格にはバッグ式は不似合いであり、自分の脂肪を使った方法が適しているとの信念から、独立してからはバッグは行わず、脂肪を使ったバストアップ法のみとしました。

2002年の開院以来、脂肪注入法ひと筋で豊胸手術を行ってきた池田ゆう子クリニックだからこそ、ぜひバストアップを望む皆様にご紹介したいのです。

池田ゆう子クリニックで豊胸手術を行う5つのメリット

池田ゆう子クリニックで脂肪注入法豊胸手術を行う5つのメリットについてご説明します。

  1. 豊胸の手術時間は約2時間! 遠方の方もカウンセリングに続けての豊胸手術で日帰りが可能です
  2. 胸へは院長のセンスで形を作りながら1ccずつ注射器で注入、切開はしないので、パートナーに知られることもありません
  3. 局所麻酔の使用で、豊胸手術後すぐに帰宅できます
  4. PRP血小板注入療法で脂肪定着性をたかめ、しこりの発生を抑えることができます
  5. 医療クレジット利用で、頭金不要・翌月からの60回分割払いもできます。

まとめ

貧乳に悩み、バストアップを望んでいる女性はとても多いです。でも残念ながら、マッサージ、サプリ、クリームetc…どれも、バストアップする効果はありません。唯一の解決方法は、豊胸手術だけです。

豊胸手術には3つの種類があります。その中で自分の身体の不必要な部分の脂肪を取って、自分の脂肪を胸に注入する脂肪注入法は、自然で、パートナーにもバレない、優れた方法です。

池田ゆう子クリニックは、院長が女性なので、患者に寄り添った手術を行ってくれます。しかも、実際の手術はすべて池田院長自身の手で行われます。

池田ゆう子クリニックでは、無料カウンセリングを行っています。自身の脂肪を使用したバストアップ法について詳細をご説明したDVDをご覧いただい後、カウンセリングを行ってもらえます。

あなたが心の底からバストアップを望んでいるなら、無料カウンセリングを受けてみることをおすすめします。

ポイント

サイト情報をご紹介しておきます。詳細は、女性院長が貴女のお悩み伺います。豊胸手術なら池田ゆう子クリニック。 をクリックしてご覧ください。

-美容整形・エステ・ジム

© 2020 化粧品マーケティングコンサルタント