日本酒

化粧品提案

酒造メーカーが作った化粧品は肌に良いはず

日本盛と白鶴酒造、どちらの化粧品を選ぶ?!

日本でも有名な酒造メーカーが化粧品を作って販売しています。酒は昔から肌によいと言われています。日本酒の蔵で酒づくりの 一切を取り仕切る責任者である杜氏の手は、すべすべで美しく保たれていることも広く知られています。

それならば、酒のことを知り尽くした酒造メーカーが開発した化粧品は、きっと肌にとても良い化粧品なのではないでしょうか。日本を代表する酒造メーカーの日本盛と白鶴酒造の化粧品を詳しく調べてみたいと思います。

日本盛の化粧品「 pour moi(プモア) 」

「日本盛はよいお酒~♪」のCMでおなじみの日本盛がつくった化粧品です。 知名度の高い大手酒造会社からの化粧品ということで安心・安全であること、 また独自の成分「日本酒酵母」がめずらしく、他社化粧品とは一線を画す商品です。

「pour moi(プモア)」の名称には、「明日はもっと、いい肌に」という願いが込められています。慌ただしい朝も、疲れた夜も、短時間でぷるぷるしっとり肌♪ 忙しい毎日をがんばる女性のためにつくった化粧品です。

日本盛だからこそできた「W美活成分=日本酒酵母×乳酸菌」

プモアは肌なじみのいい美肌成分ばかりで構成されています。あなたをうるおいモチモチ素肌に導きます。お酒の旨味を引き出すために欠かせない『日本酒酵母』、ビタミンやアミノ酸など各種ミネラルが含まれています。

お肌のうるおい感を高めて守り、健やかに整えます。それに、乳酸菌、桜葉、柚子、ヨクイニン、トウキを加え、3つの浸透保湿型成分、コラーゲン、セラミド、ヒアルロン酸を配合しました。

日本盛の化粧品の決め手は、やっぱり「日本酒酵母」です。

白鶴酒造の化粧品「ライスビューティー 保湿クリーム」

地元漁師による郷土料理を紹介する白鶴「まる」のCMでおなじみの白鶴酒造が本気で考えたライスビューティードラマティックリペアの保湿クリームです。こちらも 知名度の高い大手酒造会社からの化粧品ということで安心・安全であること、 また独自技術で「酒粕」のメリットを最大限に盛り込んだ商品となっています。

白鶴酒造だからこそ引き出せた「肌をうるおす酒粕の力」

肌の角質層に存在する天然保湿因子(NMF)は、 約52%以上が肌のうるおい成分でもあるアミノ酸で構成されています。 酒粕にはこの天然保湿因子(NMF)のもととなるアミノ酸をはじめ、 美肌成分が豊富に含まれています。

酒粕は“生き物"であり発酵食品であるために扱いが非常に難しいのです。 白鶴酒造はその酒粕に含まれる有用成分をこわさず化粧品に配合するという 難しいテーマにとりくみました。

様々な技術を応用し試行錯誤を繰り返した結果、 酒粕を酵素分解することにより、アミノ酸を多く含む独自の美肌成分の開発に至りました。 酒粕由来のうるおい美肌成分、リピジュア、米由来のセラミドの3つの保湿成分を配合した、 高保湿タイプのクリームです。ベタつかないのに乾燥を防いで肌を守り、 「ライスビューティー保湿クリーム」はしっかりとうるおいを閉じ込めます。

日本酒の2つの有名メーカーが作り出した化粧品。あなたは、どちらを選びますか?! 日本盛は【日本盛】プモアトライアルセット を、白鶴酒造は、白鶴酒造化粧品 をクリックしてご覧ください。

-化粧品提案

© 2020 化粧品マーケティングコンサルタント