化粧品マーケティングコンサルタント

化粧品ブランド 株式会社アクティブ・コンサルティング

ホーム > 

化粧品業界知識 > 

化粧品ブランド

岡村憲之公式メールマガジン

無料登録 登録 解除

メールアドレス (必須)

お名前

化粧品コンサルタントトップページ

  化粧品メーカーコンサルティング

・経営戦略コンサルティング

・ブランド戦略コンサルティング

・チャネル戦略コンサルティング

・新製品市場開発コンサルティング

・メーカースーパーバイザー研修

・系列化粧品店への講演・研修

  化粧品店コンサルティング

・化粧品店チェーンコンサルティング

・経営テーマ別コンサルティング

・顧問契約コンサルティング

・スーパーバイザー研修

・店長研修

   会社情報

・会社情報

・会社概要

・代表者紹介

・プライバシーポリシー

・アクセスマップ

    百貨店専用ブランドの開発

1970年代までは、制度品メーカーは、基本的にはどのチャネルでも同じブランドで コーナー作りをしていました。ところが、GMSが台頭して、百貨店と同じような売場が 量産された結果、百貨店のステータスが失われてきました。制度品メーカーにとっては、 良質な顧客を固定化しており、売上高や利益率も高い百貨店は重要なチャネルです。そこ で、制度品メーカ―は、百貨店専用ブランドを開発して、他のチャネルと差別化を図る マーケティング戦略を取ったのです。これが、同一メーカーでありながら、複数のブラン ドをチャネルによって使い分ける、本格的なチャネル戦略の始まりです。

    アウトオブブランドへの進化

このようにして、制度品メーカーは、百貨店専用ブランドを投入したのですが、これだけ では、メーカー色が強いので、本当の意味でのブランドを育成することはできません。 したがって、次に制度品メーカーが取った戦略は、製品からメーカー名をはずしたアウト オブブランド戦略です。これにより、ブランド名を前面に出して、ブランド育成を図る 展開が可能となりました。

    化粧品専門店ブランドの開発

資生堂は、再販制度が機能していた頃から、すでに別会社を設立して、化粧品専門店ブラ ンドを投入していました。また、百貨店と有力専門店だけに配布するブランドも持ってい ました。しかし、これだけでは、再販撤廃後の他チャネルとの競争に耐えられないと判断 して、中小の化粧品専門店向けにも、新しい専用ブランドを投入することになりました。 カネボウは、中小の化粧品専門店向けの専用ブランドでは、資生堂を一歩リードする形で 展開しました。コーセーは、連結子会社のアルビオンが、化粧品専門店の専用メーカーと して、化粧品専門店の主力商品となっています。

株式会社アクティブ・コンサルティング

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-3-6 ワカ末ビル7階
お電話でのお問い合わせは TEL 03−6202−7418
メールでのお問い合わせは   ここをクリックして下さい


コスメ・コム

化粧品広告宣伝へ→

←一般化粧品へ

▲このページ(化粧品ブランド)のトップへ

当サイトのテキスト・画像等すべてのコンテンツの無断転載・転用を固く禁じます。
Copyright © 2011 Active Consulting